万年虚弱の引きこもり主婦が生まれ変わるまで

虚弱です。難聴です。うつです。パニック障害です。でも元気!!!

無力

相変わらず床に伏せっています。

焦燥感や罪悪感やしにたい気持ちを通り越して、なんというか…まっさらな、無の気持ちです。

頭もあまり働きません。


昨日から急に気温が下がりました。

雨が降っています。


せめて本が読めるくらいに回復してくれたら良いのですけど、今は難しいようです。


今の私にとって、このスマホが唯一の世界との繋がり、小さな窓です。


なんとなく、海や星や草原の写真を出して見ています。


生きる力が欲しい。

愛と感謝

見知らぬ方が通りすがりに残して下さった言葉に救われます。

ブログを始めて、お話ししてくださる方の優しさに救われます。

本当にありがとうございます。


私はほぼ寝たきりであまり外出も出来ません。

耳を悪くしてからラジオもあまり聴けなくなりました。


それでも私は幸せです。


もう一度昔のように元気になれるかはわからないけれど、昨日のように時々抱えきれなくなるけれど、でも、ほんとうに幸せです。


優しい人がたくさんいることを知っているからかもしれません。


もしこの先私が本格的に駄目になってしまったとしても、たぶんこの先もずっと、暖かい世界が、それぞれ一生懸命に頑張る人々の日常が続いてゆくのだと思うと、少し気持ちが軽くなります。暖かくなります。


今まで私に関わってくれた人たちが、通り過ぎていった人たちが、みんなみんな幸せでありますように。

楽しいこと嬉しいことがたくさんありますように。

希望に溢れる素晴らしい日々でありますように。


私も私なりに最後まで頑張ろうと思います。

お金が欲しい

お金が欲しい。

もしお金があったら、私は私のためだけの、私が私として生きるための、生き直すための治療を受けたい。


お金を気にせずカウンセリングを受けたい。

少しでも効果があると言われている治療方法を全部やってみたい。

東京へ行って、自分のために、自分の人生を生きるために、なんでも試してみたい。


この暗い苦しい気持ちを乗り越えられたらどんなに景色が違ってみえるだろう。


心から、自分の心が心から、本当に楽しいとか美しいとか綺麗だとか、そういうことを直に感じられたらどんなに幸せだろう。


今疑似体験させて貰っている、写真や文字で想像するいろんな人たちの人生を、自分で感じられたらどんなに素晴らしいだろう。


常に心が重い。苦しい。

こののしかかるような重石は生きている限り一生とれないのかな。


誰も恨みたくない。

誰のせいにもしたくない。

生きたい。

でも生きることが難しい。

とてもとても難しい。


疲れた