万年虚弱の引きこもり主婦が生まれ変わるまで

虚弱です。難聴です。うつです。パニック障害です。でも元気!!!

とりあえず生きるとにかく生きる

難聴を患うようになってから好きだった音楽もあまり聴けなくなり

うつ病を患うようになってから何も楽しいと思えなくなり(楽しいと感じた過去の記憶ばかりが美化されます)

パニック障害を患うようになってから外出も困難になり

摂食障害になってからごはんの味もあまりしなくなり


これ、いつまで続くんだろう。

しんどいです。

只の弱音です。

弱音くらい吐いても良いかな、良いよね、と自問自答しつつ、駄目に決まってるだろう死ね!という自分の声に耳を塞ぎ、吐き出せる場所は此処しか見当たらないのでごめんなさい見逃して下さいすみません…。


朝起きて

洗濯して

掃除して

ごはんを作って


そういうことがしたいだけなのに、これはそんなに大それた願いなんでしょうか。

なんで出来ないんでしょうか。

とくべつ人より劣っているから仕方ないんでしょうか。


昨日「このままじゃ駄目だこのままじゃ駄目だ」と久しぶりに外出しました。

薬を飲んで、徒歩5分の本屋さんまで行きました。

家から出るのに4時間かかりました。

死ぬかと思いました。

偶々友人の本が並んでいました。

偶然見つけてしまいました。

少しほっとしました。


古い友人たちは皆、突出した才能の持ち主が多いです。

それこそ雑誌で取材されたりだとか、何らかの偉業を成し遂げたりだとか。

あまり詳しく書いて万が一にも迷惑をかけてはいけないので掘り下げませんが、本当に本当に凄い人たちばかりです。


幼い頃はショックを受けました。

これも偶々かもしれませんが、そういう友人たちは皆、傍目から見ても愛されて育っていました。

自分の存在に1ミリも疑問を持っていませんでした。

幼かった私はそのことに本当に驚きました。

いつも活き活きと、堂々としていました。

カルチャーショックを受けることも多々ありました。


そして友人たちは皆こんな私に優しかった。

今も優しいです。

私の負担にならないように気を遣ってくれるメールや小さな贈り物が時々届きます。


有り難くて、申し訳なくて、ただただ皆のこれからの人生が引き続き輝かしいものであるよう

願うことしか出来ません。

みんな幸せでいて欲しい。

笑っていて欲しい。

ずっと貰ってばかり、助けて貰ってばかりです。


私もどうにか来世では立ち直りたい。

今世はちょっと無理かもしれない。


とりあえず、生きられるだけ生きられるように頑張ろうと思います。

しんどいな。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。