万年虚弱の引きこもり主婦が生まれ変わるまで

虚弱です。難聴です。うつです。パニック障害です。でも元気!!!

相変わらず文章を書くのが下手

すごいことだなぁと思うのです。


以前も書いたかもしれないけれど、このブログは自分のために、自分勝手な吐き出しのために始めたものです。

どちらかと言えば醜く、ネガティヴな内容だと思います。


これから書くことは書こうかどうしようか迷ったのですが、自分のためにやっぱり書いておこうと思います。


何故私が紙のノートではなく公開タイプのネットのブログを選んだのか…その理由はとても単純で、ただ何処かに自分が生きた爪痕のようなものを遺したかったからだと思います。


それから、誰かに罵倒して欲しい気持ちがありました。

お前の人生は最低だと。

早く消えてしまえと。

平たく言うと最期のひと押し、ダメ押しが欲しかったんだと思います。

安心したかった。

とても卑怯なやり方です。


私は自分が卑怯者で屑で駄目な人間であることをよく分かっています。

人より努力が足りないことも、そもそも元々の能力が低いことも全て知っています。

卑下でもなんでもなく、本当にそうです。

そのことにずっと苦しんでいます。

生きるための能力に欠けています。


お恥ずかしい話ですが、ごはんを食べるとか、お風呂に入るとか、歯を磨くとか、そんなことすらちゃんと継続して出来ません。

良い歳をしてカレンダーにシールを貼って達成しようとしたくらいです。

そしてそれすら挫折しました。

動けない時は本当に、本当に何も出来ないのです。

山盛りの薬に頼っても、お手洗いすら這っていくのがやっとです。

泣きながら這っていきます。

惨めで、とても情けなく悲しい気持ちです。


変な言い方ですが、自分が自分と一緒にいるのがとても辛い。

屑で何も出来ない、したくない自分と「頑張ろうよ、ちゃんとしてよ」という自分が同居して身動きが取れないのです。


そんな状況の中ブログを始めてみて、私は戸惑いました。

皆様どの方も大人で優しい言葉をかけて下さったからです。

とても幸運なことだと思います。

すごいことだと思います。


ほぼ寝たきりの私の世界が少し変わりました。

未だほぼ寝たきりは寝たきりですが…。


暖かい言葉をかけて下さったひとりひとりの方に、本当に感謝しています。


未だに自分が生きているということへの罪悪感は薄まったり強まったりふらふらと安定しませんが、安定しないからこそ今書いておこうと思います。


気にかけて下さってありがとうございます。

優しい言葉をかけて下さってありがとうございます。

ひと時でも触れ合って下さった皆様が、幸せでいて下さるよう、笑っていて下さるよう、いつも願っています。


…普通にブログというものを書いているつもりなんですけど、私が文章を書くとどうしてか毎回遺書の様になってしまってすみません。。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。