万年虚弱の引きこもり主婦が生まれ変わるまで

虚弱です。難聴です。うつです。パニック障害です。でも元気!!!

2018年9月8日

数日間ひたすら眠っていました。

ゴミ箱を見たら薬は飲んでいる様だし、なにがしかの食べ物は食べていたみたいです。

(記憶がありません。。)


スマホの履歴を見たら新しい治療法についてとか民間療法とかスピリチュアルとか、なんだか怪しげで切実な検索が山の様に残っていました。


私の人生は私の人生だから、先生や病院や薬や不思議な力が治してくれる訳ではないのにね。


私は依存心が強い。

精神的に自立出来ていない。

無意識に被害者意識が拡大している。


自分の生にもっと責任を持たなくちゃと思います。

いろんな方にいろんな場面で助けて頂くことはあっても、自分の人生を誰かのせいにしたり、自分の人生を他人に預けることだけは決してしてはいけないと思うから。


この先何を選んでも

どう生きてもどう死んでも

それは全て自分の意思でありたいと思います。


あまり頑張れてなかったかもしれないし足りなかったかもしれないけど、せめて最期の時は自分で自分を肯定出来る最期だといいなと思います。


その時まで、頑張ります。

花と星

贅沢など出来る身分でも時でもないのですが、わたしのために花の輪を買いました。


なんだろう…加工した花をまあるく飾った輪っかです。

頼んだばかりなのでまだ届きません。

先の約束です。

とても高いんです。

5000円くらいします。

分不相応です。

でも今の私には必要な気がして。

自分の目で本物を直接見たかった。


それから、私は死ぬまでに一度、天の川を見てみたいという夢があります。

もともと星が好きなんです。

子供のころ、悲しかったときにはよく「上を向いて歩こう」をボソボソ歌いながら夜道を歩いていました。

わたしの住んでいた街はあまり星が見えなかったけれど。


星空で有名なウユニ塩湖が、今よりもっと知られていなくて直通の飛行機も出ていなかったころ、本でたまたま知ってそのあまりの美しさにずっと心囚われ続けてきました。


今のわたしには飛行機は無理だし、お金も…だから、どこかわたしが行けそうなところで星が見たい。一度でいい。降るような星が見たい。

写真じゃなくて自分の目で。


ベッドの中で寝たきり2日目、そう思いました。

友人

少しの時間ですが、いつもより大量に薬を飲んで、少し無理をして、古い友人に会いました。

数年会えなかったうちに、私と友人の道ははっきりと分かれたように感じました。

何故かとても安心しました。

元気な顔を見られて良かった。

そう思いました。