万年虚弱の引きこもり主婦が生まれ変わるまで

虚弱です。難聴です。うつです。パニック障害です。でも元気!!!

親と子の呪い

昨晩は寝苦しく一睡も出来ませんでした。

そのまま夫に朝食を出せたから結果的に良かったのかな。

(夫は4:30に起きて始発で出社だったので)


そのまま洗濯とどうにかして自力で1週間振りのお風呂に入ろうと奮起したのですが(汚い話でごめんなさい)

父親からメールが入っていたことに気付き、簡単に起き上がれなくなりました。


実は先日1通目がありシャットダウンしたのです。


今日は2回目。

「母さんが夢に◯◯が出て来ると言っている」


以上です。

このフレーズは以前にも出て来たことがあります。

訳すと今の絶縁状態(絶縁といってもまだほんの1ヶ月も経っていません)をやめ、連絡して来いという意味です。


私は先日、実家に呼ばれて実家に行き、頼まれた用事を消化したところで、私が来たせいでお金がかかると叫ばれたので、いつも通り滞在費、お金を置いて深夜?早朝パニック発作を起こしながらタクシーで家へ帰りました。


私は貧困者です。

夫の優しさに甘え、やっと最近行政に頼り出し、(それまでは人に言えない仕事で病院代をなんとか捻出していましたがとうとう力尽きました)、それに引き換え、親は私から見れば何倍も何倍も裕福です。

よく旅行にも行っています。

ネット通販が毎日届きます。

実家はモノだらけ。

汚部屋です。

(お恥ずかしい話ですが私も汚部屋主です)


私は実家に帰れば滞在費を払わなければいけません。

口では「いらないよ」と言う時もありますが、渡し忘れれば「滞在費がなかった」とネチネチしつこく言われます。

ずっと言います。

父は私の渡した滞在費がどれだけ溜まったか?それを使って旅行に行くと言います。


つまり「建前上親は要らないと言っているけれど、子が自主的に渡さなければいけないお金」です。


先日の用事というのも、遠方の親戚が私に渡しておいてくれと親のところに送ったお菓子や野菜のお礼の電話をかけろというものです。

御礼の電話はしましたが私は何も受け取っていません。

ただただ感謝する親戚を演じました。ありがとうございます嬉しいです!それだけです。

電話を切ると母親が「大したモンだね!」と笑いました。


母親はいつもその親戚の悪口を言います。

痴呆症で介護施設に入っている祖母もその親戚の悪口を言います。

何が正しく何が間違っているのかは分かりませんが、連鎖しているのだなあと思います。

怖いです。

私もその親戚に対してではないけれど、呪詛の言葉を吐くから。

ときどき、何もかもが嫌になって、全て消えてしまえば良いと思うから。


親と縁を切りたい。

なのに親に見捨てられたくない。

この先、いえ、明日にも生きられる自信がない。


毒親サバイバルという漫画を読みました。


毒になる親とか、機能不全家族についてだとか、自尊心を取り戻そうとか、自己暗示法だとか、認知行動療法だとか、境界例人格障害についてとか、今までにもたくさんたくさん本を読みました。

病院にもカウンセリングにも行きました。

それでも抜け出せない。

ほんの1通の親からのメールで心に嵐が吹く。

自分で自分の感情を支えられない。


私も生きたい!生きたい!

消えたいと思うその一方で、強くそう思う自分がいます。

そんな自分が恥ずかしいです。

汚く感じます。


サバイバーの方の体験談は乗り越えた方や頑張っている立派な方のお話が多いです。

そこへ続きたい、私も明るく生きたいと思うのに、私はどうして出来ないんだろう?

とくべつ人より劣っているのかもしれません。


私の両親は良い時もあった。悪い時もあった。

親も私もただの人間。

親からの愛を期待をするのは恥ずかしいこと。幼稚なこと。私が被害妄想なだけ。

気にすることは何もない。

何度も何度も何度も何度も何度もそう思おうとしました。

今もしています。


ただくるしい

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。